ファーストメールの書き方

不倫SNSを利用して、相手と連絡を取る場合は、まずメールの交換からする必要があります。
ですが、メールの交換をしたからといって、その相手と確実に会えるという訳ではありません。
やり取りするメールの内容によって、実際に出会えるかどうかが決まると言っても過言ではありません。
ですが、上手く文書を作ることができない、という人であっても、相手に好印象を与える内容を作ることはできます。
ここで、自分を印象づけるために、ファーストメールで抑えておきたいポイントをお話していきましょう。
1.相手のことを書く
ただ無難な、誰にでも通じる内容を書いて相手に送ってしまうと、失礼にはならないけれど、相手の印象に残ることもありません。
相手に興味がある、という点を伝えるためにもメールを送信した理由、つまり相手の開示している情報の中で、自分が興味を引かれた部分を具体的に上げて文書に取り込みましょう。
趣味が一緒、または興味を持つ分野が一緒、だとより相手に興味を持ってもらいやすいことでしょう。
とは言え、ただ住んでいる地域が一緒だというだけでは、その人個人を選んだ理由にはなりません。
女性は、誰でもない自分を選んで欲しい、と思うものですから、しっかりと個人を選んだ理由について伝えてあげましょう。
2.褒める
過度に褒めてしまうのはいけませんが、基本的に褒められて不快な気分になることはあまりありません。
どこか、プロフィールから相手の一か所を拾って、褒めてあげましょう。
3.質問で終わる
これはかなり重要で、簡単な質問を最後に盛り込むことで、相手がメールの返信をしやすくなります。
実行も簡単ですから、このポイントはぜひ盛り込んで欲しいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ